Home / ヘルスケア / お酒が美味しい季節だからこそ、肝臓を守るために”水素”が不可欠なんです!

お酒が美味しい季節だからこそ、肝臓を守るために”水素”が不可欠なんです!

  912 points

お酒が特に美味しい季節”夏”
連日連夜の猛暑。仕事帰りに、ちょっと一杯・・・最高ですよね♪

ですが、皆さんもご存知の通り、アルコールの多量摂取が続くと、肝機能障害を起こす可能性が高くなります。
また最近では、アルコールを飲まない人が発症する非アルコール性脂肪肝炎が肝硬変にまで進行することが分かり、問題視されています。お酒を飲む人はもちろん、お酒を飲まない人も、油断は禁物です。

LINE はてブ 

水素は活性酸素の除去はもちろん中性脂肪を減少させてくれます

お酒 ビール 肝硬変

近年はお酒を飲む人はもちろん、飲まない人でも肝機能障害を発生するケースが増えています。
自覚症状がなく、気づいた時には手遅れになっているということも・・・・
お酒だけが原因だけじゃない!飲まない人も注意が必要なんですって。

肝臓は代謝、解毒、排泄など500以上の働きをもつ重要な臓器です。
脂肪肝とは肝臓に中性脂肪が余分に累積されてしまった状態で、高カロリーの食事や 運動不足が要因でなる事が多くお酒を飲まない人でも注意が必要です。
肝炎や肝硬変の前段階である脂肪肝への対策が肝機能を健康に保つために重要になります。

肝機能が低下すると、肝臓に活性酸素が大量発生し、細胞を破壊してしまいます。

こんな方は注意が必要です。
  ・毎日お酒を飲む
  ・脂っぽい物を良く食べる
  ・間食や夜食が多い
  ・疲れやだるさが抜けない

危険1 暴飲暴食による脂肪肝
アルコールの摂取や脂肪分の多い食事を続けると、肝臓に脂肪が溜まって脂肪肝になります。
肥満した肝臓は、機能が著しく低下し、肝炎、肝硬変を引き起こす原因になってしまいます。

危険2 活性酵素で劣化
暴飲暴食などで肝機能が弱まると、肝臓内にたくさんの「活性酵素」が発生します。
この活性酵素は細胞を破壊し、ダメージを受けた肝臓は肝炎、肝硬変を招き、やがては肝細胞がんを引き起こしてしまいます。

 

中性脂肪と活性酸素を除去 肝臓を守る「水素」の働き

肝機能障害の予防・対策に、現在注目されているのが「水素」です。
水素は還元作用があるため、幹細胞を破壊する悪玉活性酸素を除去します。
もちろん、 ビタミン類やβーカロチンも活性酸素を除去してくれますが、善玉・悪玉の区別なく取り除いてしまいます。
悪玉活性酸素のみを除去してくれるのは水素だけだという。

肝機能障害の予防・対策に、現在注目されているのが「水素」には、2つの働きにあります。

働き1 中性脂肪を減少
水素を摂取すると、肝臓は中性脂肪を分解するホルモンを分泌し、肝臓を太らせるもとを除去します。

働き2 活性酸素を消去
水素(H2)は酸素(O)と結びつくと、水に変わる還元作用があります。
その作用により、水素は活性酸素(・OH)を無害な水に変え、体外に排出させます。
さらに、水素には抗炎症作用が示唆されており、動物実験で肝炎の諸症状の抑制も報告されています。
そこで、活用したいのが「水素」。
水素は、とても小さな分子で、水に溶かして飲めば素早く体内に吸収され、すぐに働き始めます。他の成分に比べて効果が出やすく、効率的な成分なのです。

水素サプリメント

サイトへGO!

古くから「酒は百薬の長」とも言われていて、アルコールを適量飲む分にはストレス解消や血行促進に良いと言われます。
でも、適量ってなかなか難しいですよね・・・。
もちろん、お酒を飲まない人でも食事の摂取の仕方次第では、肝機能障害が起こる可能性もあるというから、注意が必要。
お酒に関しては、水素で二日酔いがなくなった!というクチコミもあります。

お酒を飲んだら水素!
暴飲暴食が増えたら水素!

痩せるために