水素療法は宇宙飛行中の放射線で誘発される酸化ストレスを軽減する

水素療法は宇宙飛行中の放射線で誘発される酸化ストレスを軽減する
学術論文Med Hypotheses. 2010 Sep 17.
表 題Hydrogen therapy may reduce the risks related to radiation-induced oxidative stress in space flight.
著 者Schoenfeld MP, Ansari RR, Zakrajsek JF, Billiar TR, Toyoda Y, Wink DA, Nakao A.
概 要

宇宙放射線による酸化ストレス増加は、DNAや脂質の損傷を引き起こすこと知られており、宇宙飛行の主要な懸念である。生物医学分野において最近新たに水素が治療用の医療ガスとして強力な抗酸化剤、抗炎症作用を持っていることが発見されている。

宇宙ミッションの活動は、回数と期間の両方で今後数年間で増加すると期待されている。
したがって、宇宙飛行士に対して酸化ストレスが原因で発生する疾患のリスクや臨床症状を研究・開発し、防止することが重要である。
我々は、宇宙飛行士が受ける潜在的な放射線または有害事象の影響を、水素を吸引または飲料水として多く摂取することで新しい予防と治療戦略に可能性が高いことを示唆する。

水素療法は宇宙飛行中の放射線で誘発される酸化ストレスを軽減する

学術論文カテゴリの最新記事

Langauge