水素の放射線治療の副作用を予防する改善効果

水素の放射線治療の副作用を予防する改善効果
学術論文Medical Gas Research 2011, 1:11  doi:10.1186/2045-9912-1-11
表 題Effects of Drinking Hydrogen-Rich Water for Quality of Life of the Patients with Radiotherapy for Liver(訳:水素水の飲水により放射線治療をしたガン患者の副作用が軽減)
著 者崔逸峰(韓国カソリック大学病院治療放射線科)、中尾篤典(米国ピッツバーグ大医療センター) 他
概 要

放射線による人体への副作用として放射線照射によって発生する活性酸素が引き起こす酸化作用及び炎症によることが広く知られている。

韓国ソウルにあるカソリック大学病院治療放射線科において同科主任教授の崔逸峰教授を責任者として放射線治療を受けた肝臓ガン患者49人を対象に放射線治療の副作用に対する水素水の飲水効果について臨床的に検討した。水素水投与群25人、プラセボ群(水素を含まない水)に対して6週間投与により比較した。
その結果、水素水投与群はプラセボ群に比較して以下の改善効果が得られた。

1.活性酸素の生成を軽減した
2.放射線照射によって起こる生活の質(QOL)の悪化を改善した
3.水素水は放射線の治療効果を損なうことなく副作用だけを軽減した

学術論文カテゴリの最新記事

Langauge