Home / 新着情報 / “美スト”3月号(1月17日発売)にスイソフェリークが取り上げられました

“美スト”3月号(1月17日発売)にスイソフェリークが取り上げられました

美スト3月号(1月17日発売)水素特集にて、国際水素規格協会推薦の水素サプリとして、スイソフェリークが推薦されました。

■ 美ST[美スト]のオフィシャルサイト
be-story.jp

スイソフェリーク一般社団法人 国際水素規格協会は、安全性や水素の発生量を検査を行っている協会で、NAD検査という特殊な検査を行い水素量を分析。

今回、数多くある水素サプリメントで、水素ラボで人気のスイソフェリークがザクロはもちろん、多くの水素量が発生したと認定されました。
水素の発生量が多ければ多いほど、抗酸化力だけでなく、代謝エネルギーに働きかけ、仕事や運動を頑張る人をサポートします。
美st3月号を購読してみてください!

NAD+とは

NAD+とは、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド (Nicotinamide Adenine Dinucleotide)の略で、生体中のほとんどの全ての組織に存在し、生体内で酸化還元反応で水素伝達の役割をもちます。これは酸化型で代謝の過程で水素が結びつき、還元型となりそれがNADHとなります。 これらが補酵素となり代謝において解糖系や電子伝達系で水素と電子の運び屋的な役割を持ち、アデノシン三リン酸いわゆる体内エネルギー(ATP)産出に関与します。 NAD+からNADHへ変わる際に水素「H+」と2つの電子「2e–」が必要となり、NAD+とNADHを測定することにより水素量を割り出す検査となります。
痩せるために