水素の医療利用に関する論文、280報を超す

水素の医療利用に関する論文、280報を超す

水素の医療論文

国内外で水素の医療利用に関する研究が進み、280報を超す論文が発表されています。

この中で紹介されている学術論文によると臨床効果は、脳梗塞・パーキンソン病・肝腫瘍治療における放射線障害・B型肝炎・血液透析または腹膜透析・血管内皮機能・炎症およびミトコンドリア性筋炎・急性紅斑性皮膚疾患・関節リウマチ・乾癬性関節炎・筋肉疲労・運動負荷による酸化ストレスおよび代謝性アシドーシス・褥瘡(じょくそう)・Ⅱ型糖尿病・メタボリックシンドロームに及ぶ。部位別には、脳・脊髄・膵臓・目・耳・腸・気管・肺・心臓・肝臓・腎臓・精巣・血管・胃・筋肉・軟骨・骨・歯・高血圧・皮膚・代謝・周産期異常・炎症・アレルギー・癌などが挙げられている。

2015年6月24日 産経新聞に掲載

最新情報カテゴリの最新記事

Langauge