痛くてつら~い「生理痛」は少しの工夫で和らげることができた

痛くてつら~い「生理痛」は少しの工夫で和らげることができた

水素でPMSも和らぐ、生理痛でお困りの女性必見ひと言で生理痛といっても、痛みの程度、症状、痛む場所など、同じ女性であっても千差万別。
一人ひとりが別々の生理痛を、毎月経験しているといってもいいくらいです。ではなぜ生理痛は起こるのでしょう??
特に大きな要因となっているのは「プロスタグランジン」という物質です。

プログラスタンジンって何?

プログラスタンジンは子宮の収縮を促し、生理の経血を体の外に排出する役割をします。

又、血管を収縮させる作用もあるため、腰痛、下腹部痛、だるさ、冷えがひどくなり、このプログラスタンジンの量が多すぎると収縮が強くなりキリキリとした痛みが発生します。
月経が始まるとお腹が緩くなる方がいると思いますが、これもプロスタグランジンの影響なのです。

最近の研究で、子宮内膜の過剰な活性酸素が、過剰なPGを作る要因の一つであることが分かりました。
ということは、「活性酸素」を減らせば、プロスタグランジン産生を抑制することになり、生理痛を和らげることが出来るのかもしれません。

ご存知の通り、水素は「凶悪な活性酸素」を還元します。
事実、生理痛で悩んでいる女の子も、「水素サプリメント」を飲み始めたら、「生理痛が軽くなった!!」という話もチラホラ。
生理痛に悩んでいる方は、生理の前後に「水素」を取り入れてみたら?

子宮の周りの血行をよくすることも大切です

子宮が収縮すると、壁を伝って行っている血管がキュッと締まってしまうので血液の流れが悪くなり、「うっ血」による痛みが出てきます。
腰周りの筋肉を緩めて、下腹や腰をしっかり温めることも大切です。

また、月経痛を悪化させてしまうのは、ストレス、冷え、カフェイン、タバコ、甘い物などなど・・・これらをできるだけ避けることも忘れないように。

女性ホルモンの1つであるエストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンは、大豆製品を食べると自然に摂取できます。ホルモンバランスが崩れて生理痛が重くなりがちな人は、予防のためにも普段からしっかり食べておきましょう。

  • 心掛けたい7つのこと
  • 下腹や腰にカイロを張る
  • 朝晩15分以上湯船につかる
  • 熱めのシャワーを腰に当てる
  • 足湯をする
  • 寝る前に下半身中心のストレッチをする
  • ゆる体操をする
  • 水素で血液の流れをよくする
身体が冷えても血流は滞るので、身体を冷やす食べ物もできるだけ避けるようにしましょう。
特に、精製された白砂糖は要注意です。生理の時期だけでも、甘い物は我慢することをオススメします。
トマトやきゅうりなどの夏野菜も身体を冷やす作用があるため、食べすぎはよくありません。

普段から身体を温めて血の巡りを良くすることを心掛けましょう♪

美 容カテゴリの最新記事

Langauge