筋肉はアスリートだけのものではない!サルコペニアを予防しよう

筋肉はアスリートだけのものではない!サルコペニアを予防しよう

サルコペニアとは筋量と筋力の進行性かつ全身性の減少に特徴づけられる症候群で、身体機能障害、QOL(生活の質)の低下、死のリスクを伴うものと定義されています。その中でも失われた筋肉が脂肪に置き換わった状態をサルコペニア肥満と言われています。

サルコペニア個人差はありますが、40歳前後から徐々に筋肉量の減少傾向が見られ、その傾向は加齢に伴って加速化していきます。
65歳以下の人でも、デスクワークや自動車に頼る生活習慣などによって、筋肉が著しく減っている場合があります。若い人の中にもサルコペニア予備群がいるので、注意が必要。
サルコペニアの診断は、筋肉量・歩行速度・握力を測定して行います。

注意が必要なタイプ

サルコペニア予備群には3つのタイプがあります。次のタイプに当てはる人は注意しましょう。

やせている(BM18.5以下)75歳以上の高齢者
特にたんぱく質の摂取が少ない粗食の人は注意が必要です。

メタボで脚が細いタイプ
メタボや肥満を医師から指摘されて食事制限は行っているけれども、運動を全くしていないといった場合です。このタイプは、筋肉の減少と肥満の両方を併せ持つ「サルコペニア肥満」と考えられます。体重の負荷の割に筋力が弱いため、転倒しやすくなります。

若い女性
ダイエット目的で食事制限だけを行い運動をしないと、脂肪だけでなく筋肉も少なくなってしまいます。

老化を抑制するために

サルコペニアサルコペニアにおいても「栄養」「運動」がきわめて重要な対策の要素となってきます。適切な栄養を摂り、日常の運動を心がけることで、筋肉の維持に効果を発揮すると考えられています。

通常筋肉は運動による刺激やタンパク質、 アミノ酸等の摂取によって維持、増加することが知られています。
人間は一日の間に筋肉の合成と分解を繰り返していますが、成長期ではこの合成と分解のバランスがプラスとなり、十分な量のタンパク質の摂取により筋肉は増加していきます。
ところが高齢者においては運動や食事の摂取等の刺激に対する感度が低下することに加え、食事量、とくにタンパク質(アミノ酸)摂取量や運動量の減少により、筋肉の合成量が低下し、合成、分解のバランスが崩れることにより、筋肉が減少する傾向が現れます。

運動習慣と栄養補給で、サルコペニアは予防できる

必須アミノ酸サルコペニアの予防には、運動単独や栄養単独よりも運動と栄養を組み合わせることで効果が期待できます。
運動に関しては、歩行などの有酸素運動に加え、スクワットや腕立て伏せなどを週2〜3回の頻度で、3ヶ月以上継続することが非常に大切です。
また適切なアミノ酸を含むタンパク質の摂取することも大切です。
タンパク質は分解するとアミノ酸になりますが、食物の種類によってこのアミノ酸の組成は大きく異なり、アミノ酸の種類によって、筋肉の合成の度合が違うことが明らかになっています。つまり適切な種類のアミノ酸を摂取することにより、より効果的に筋肉を維持・増加させることができます。
栄養に関しては、たんぱく質やアミノ酸が多く含まれる肉や魚、大豆、牛乳などの摂取が非常に重要です。また魚に多く含まれるビタミンDの摂取とビタミンD産生に作用する日光浴も効果が期待できます。

参考資料

アミノ系水素サプリ、ボディーパワープラス

ボディーパワープラスサルコペニア対策に欠かせないロイシンなど必須アミノ酸9種類配合の水素サプリメント、Body Power Plus(ボディーパワープラス)
さらに、不足しがちなサンゴカルシウム由来の14種類のミネラルやビタミン群も配合。
商品はこちらから。
[Yahoo!ショッピング]、[楽天市場]、[Amazon]、[水素ラボオンライン]

必須アミノ酸
L-ロイシン、L-リジン塩酸塩、L-バリン、L-フェニルアラニン、L-イソロイシン、L-トレオニン、L-メチオニン、L-ヒスチジン、L-トリプトファン

このBody Power Plusは、全てにおいてのバランスを考え、アスリートのベストパフォーマンスを引き出し、一般の方の健康増進を手助けできるサプリメントとして、スポーツ栄養実践指導者・栄養士・臨床検査技師のアドバイスをもとに製品化。

また運動と活性酸素、運動と水素の記事にも記載があるように、呼吸により体内に入った酸素の2%は活性酸素も見逃すことはできません。
水素はこの活性酸素を緩和する特徴があるため、運動の習慣を加え、アミノ酸と水素を同時に摂取することで、相互作用生まれることが期待できる。さらに、頑丈な骨を保つためのビタミンDも配合。

サルコペニアは生活習慣の改善で、十分予防可能です。運動と食事の両方の生活習慣を見直し、足りない部分はボディーパワープラスで!

健 康カテゴリの最新記事

Langauge