体調の崩しやすい秋は、旬の食材と水素を積極的にとろう!

体調の崩しやすい秋は、旬の食材と水素を積極的にとろう!

秋は寒暖の差があらわれやすい季節です。数日で冷えこむようになったり、昼間と夜で気温差も大きくなったりします。
また低気圧が定期的に通過する春や秋、梅雨時、そして台風が日本付近に接近する晩夏から秋にかけては、体調を崩してしまう人も多く、「毎年秋になると体調不良になる」などと体質に悩みを抱えている人も多いようです。

自律神経の乱れ

秋に体調を崩しやすくなる原因

夏の“冷え環境”による疲れの影響
夏は暑く過ごしにくいので、職場内の冷房や冷たい飲み物による体の冷えのほうが問題です。
身体の冷えは胃腸の機能を低下させてしまいます。
秋は朝晩の気温差が大きくなり、身体が感じる冷えによってさらに胃腸の機能を悪くしてしまう恐れがあるため注意が必要です。

急な温度変化
秋の朝と夜の気温が低くく冷えを感じる日もあります。その一方で、昼になれば気温も上がりまだまだ暑い日も続きます。このような温度差は自律神経を乱し、身体のだるさや疲れ、頭痛を引き起こしてしまう恐れがあるのです。

空気の乾燥
秋になると、空気が乾燥していきます。
空気が乾燥してくると汗をかいてもすぐに乾いてしまうため、水分を失っていることに気付かず、水分補給がおろそかになってしまうことがあります。
水分不足はのどの痛みなどを引き起こすため注意が必要です。

季節の変わり目を乗り切るためには

秋の旬の食材

体を冷やさない
身体を冷やさないように温かい飲み物や食べ物を食べて、お風呂にはしっかり浸かるようにしましょう。食事では生姜、シナモン、山椒、にんにくなど体を温める香辛料がおすすめです。

水分を積極的に摂る
秋は喉の渇きを感じにくくなります。俗にいう、「隠れ脱水」。
秋は夏に比べ喉の渇きや汗をかくといった水分不足のシグナルが分かりにくくなり、水分補給を怠る方がおおいため夏よりも水分不足になる可能性が高いともいえるのです。
涼しくなった秋だからといっても、やはり適切にしっかりと水分補給をする必要があります。
水分を摂るときは、体を冷やさないよう常温のミネラルウォーターや白湯を飲むことをおすすめします。

規則正しい生活を送る
毎日、早寝早起きをして規則正しい生活リズムを身に付けましょう。
自律神経のバランスの改善や、免疫力を高める効果が期待できます。自律神経のバランスを崩す原因はストレスです。イライラする、緊張する、など精神的な要因のほか、不規則な生活や疲労などの身体的な要因、暑さや冷房、騒音などの環境的な要因もあります。

食事でしっかり栄養を補給する
秋が旬の食材は美味しい物が多く、また栄養効果も高いです。
サンマなど魚は良質なたんぱく質だけでなく、血液をサラサラにしてくれるEPAや、悪玉コレステロールを減らすDHAが含まれています。
その他に梨は、アスパラギン酸、クエン酸、リンゴ酸など疲労回復作用のある酸が豊富です。
秋は収穫の季節であり、1年の中で最も旬の食材が豊かです。旬の野菜にはその時期の気候に合わせて、私たちの体調を整える働きがあるので、秋の食材をしっかり摂り入れることもおススメです。

旬の食材と水素を組み合わせて


秋の食材には「免疫力」を高めるものも多く、毎年冬に流行するインフルエンザなどの事前対策としても有効と考えられています。
また夏場の疲れをとる働きがあり、これから迎える厳しい冬に備えた体作りに役立つといわれているので、バランスを考えながら秋食材を取り入れるのはとても大切です。

さらに秋の食材に多く登場する「抗酸化」ですが、美肌などのアンチエイジングだけでなく、体の内側から老化を予防し回復させる効果を指しています。

といっても、なかなか毎日のように秋の食材を食べることは難しいですよね。
そこで、水素の出番!夏に受けた紫外線のダメージや、寒暖差による疲れを回復することも抗酸化作用のひとつです。
水素は効率の良い抗酸化素材。さらに、ATPの生産量もサポートするので、スポーツの秋はぴったり!

※ATP=筋肉の収縮など生命活動で利用されるエネルギーの貯蔵・利用にかかわる。「生体のエネルギー通貨」と呼ばれる。

また水素は、自律神経のバランスを崩すストレスをカバーリングしながら、自律神経の乱れを整えます。前述したようにイライラする、緊張する、など精神的な要因や不規則な生活や疲労などの身体的な要因、暑さや冷房、騒音などの環境的な要因による活性酸素の増加が、自律神経のバランスを崩す原因となります。

体調を崩しやすい秋は、少しずつ生活を改善し、運動を取り入れていくようにしましょう。

健 康カテゴリの最新記事

Langauge